社会医療法人 同仁会 耳原総合病院

文字サイズ

標準

大きく

072-241-0501(代)

社会医療法人 同仁会

ホスピタルアート

はじめに

1950年、耳原総合病院は地域住民の100円のカンパを希望の芽としてこの地に根ざし、育まれてきました。
医療が行き届かなかった時代、民家の中2階から始めた診療は、病を治すだけでなく、心にもほっと希望のあかりが灯ることを祈っていました。
その原風景を、新しくなる病院にも引き継ぎたい。
そんな思いから全てのアートを「希望のともしび」とし、院内の随所に展開しています。

アートマップ

お好きな画像をクリックしてください。
クリックすると詳細をご覧になれます。

地域交流ゾーン

フロアマップ
  • 協同の壁
  • ふれあいエントランス
  • 内壁画レリーフ立体アートプロジェクト
  • あんしんのアート
  • 風の伝言
  • 風かおる空庭プロジェクト

動画で見る

BYUKO TAKADA KELLR氏作成

『Expectation-希望の芽-』

C室野 愛子アートディレクター作成

『The Story of a Rainbow -虹のものがたり-』

当院 ホスピタル・アートディレクター

2004年からNPOにて療養環境のアートを専門に活動。
クリニックから総合病院、養護老人施設まで療養環境でのアートをディレクション。各地での啓発活動も行う。
2013年より医療者や患者、地域の想いをアートに起こす専門職として当院に在籍。

作家紹介

デンマーク在住の日本人造形作家、キュレータ、エッセイスト。大阪府大阪市生まれ。トレーシングペーパーを使った3次元の作品で空間を構成。軽やかで心安らぐ空間を演出。BVLGARIなど企業とのアートコラボレーションや音楽家とのコラボレーションコンサートにも力を入れている。著書に、『平らな国デンマーク「幸福度」世界一の社会から』(NHK出版)。当院の作品『Expectation - 希望の芽』は、オファーから約2年で完成にこぎつけ竣工式直前の2015年3月末、作品取り付けのために来日いただいた。本作品は、世界初の病院展示作品となった。

公式サイト» http://www.yukotakada.com/

堺市出身の銅版画家。毎年大阪市内で個展を開催。銅版画は繊細なエッチングの線上に、一枚ごとに手彩色された作品で優しい画面が特徴。その幻想的で不思議な世界は村上龍、藤本義一、池上永一などの本の装丁にも使われ、また近年は、新聞の挿絵の仕事などでも多くのファンを魅了。堺市親善大使としても活躍中。

患者さんや地域のみなさまから集まったたくさんの作品たち

キャプション001
キャプション002
キャプション003
キャプション004
キャプション005
キャプション006
キャプション007
キャプション008
キャプション009
キャプション010
キャプション011
キャプション012
キャプション013
キャプション014
キャプション015
キャプション016
キャプション017
キャプション018
キャプション019
キャプション020
キャプション021
キャプション022
キャプション023
キャプション024
キャプション025
キャプション026
キャプション027
キャプション028
キャプション029
キャプション030
キャプション031
キャプション032
キャプション033
キャプション034
キャプション035
キャプション036
キャプション037
キャプション038
キャプション039
キャプション040
キャプション041
キャプション042
キャプション043
キャプション044
キャプション045
キャプション046
キャプション047
キャプション048
キャプション049