専門研修について

外科専門研修

外科専門研修は、下記の施設との連携プログラムです
・基幹施設:近畿大学医学部付属病院
・基幹施設:奈良県立医科大学付属病院

外科
  • 症例を積み重ねるのに最適なフィールド
  • 執刀総計180件、助手総計230件
  • 麻酔、内科など各科との連携スムーズ
  • 緊急オペ 130件/年 オンコール制

乳腺 甲状腺 大腸 肛門 肝胆膵 ヘルニア

肝臓膵臓胆嚢癌・胃癌・大腸癌・乳癌と、4つのグループに分かれていますが、互いに連携しながら診療・手術にあたることになります。麻酔科・内科など各科との連携もスムーズで、「ディスカッションしながらその場でベターな治療を決める」現場に参加することで幅広い診断力が高まります。
緊急手術も多く、専門によるグループ分けはあるものの、たとえば肝臓を専門にしながら乳癌の手術に入るといったように、幅広く外科の症例を経験することができます。専門医取得を目指して症例を積み重ねたい方にとっては、メリットの多い現場だといえます。
内科的合併症を抱えた患者さんや、社会的困難を抱えた患者さんが多くおられます。
大腸癌・胃癌が増えており今後、腹腔鏡を強化していく予定です。

外科

概要
  
病棟研修 外科的コモンディジーズへの対応、良性疾患の主治医・悪性疾患の副主治医を担うことから研修がはじまります。
・術前・術後管理
・急変時の対応
・内科的併存疾患管理の習熟(血液透析・糖尿病・呼吸不全・心不全・高血圧・不整脈)
外来研修 病棟診療に慣れた時期より、随時指導を受けながら日常診療を通じて診断治療の技術を獲得します。
・外傷処置、穿刺吸引細胞診など
・手術適応の判断、術後患者のフォロー
・簡単な整形外科的疾患、労災・交通事故患者の対処の仕方
手術執刀医としての目標
  4月 10月 3月
3年目 虫垂炎 鼠径ヘルニア 腹腔鏡下胆摘 肺切除
4年目 胃癌(幽門側切除) 大腸癌切除 乳癌 甲状腺癌
5年目 胃全摘 マイルズ 膵頭十二指腸切除
手術実績
外科研修での経験症例
手術 執刀 助手 手術 執刀 手術
胃切除(全摘含) 12 15 膵手術 0 1
小腸切除・剥離 6 7 虫垂切除 27 6
結腸切除 18 24 ヘルニア 25 25
直腸切除 17 18 甲状腺・乳腺 0 40
胆嚢摘出 40 20 肛門疾患 7 29
肝切除 1 3 執刀総計180件、助手総計230件
一週間の業務
 
午前 朝カンファレンス 朝カンファレンス 朝カンファレンス 朝カンファレンス 朝カンファレンス ローテ
胃カメラ 手術 外来
化学療法
明け 手術
午後 術前カンファレンス
内視鏡カンファレンス
手術
乳腺カンファレンス
総回診
POC
明け 手術  
夜間 外科拘束   当直      

スタッフ医師
氏名
役職
卒年
認定医・専門医
主な専門領域
山口 拓也 管理部長 1991 日本外科学会外科専門医
日本消化器内視鏡学会専門医
大腸肛門科
内視鏡外科、 ヘルニア
平林 邦昭 外科部長 1984 日本外科学会外科専門医
日本外科学会 外科指導医
日本消化器外科学会認定医
大腸肛門科
緩和ケア
硲野 孝治 医員 1981 日本外科学会外科専門医
日本消化器外科学会認定医
乳腺甲状腺外科
肝・消化器外科
吉川 健治 医員 1992 日本外科学会外科専門医 肝臓・膵臓・胆道癌専門外来
戸口 景介 医員 2000 日本外科学会外科専門医
厚生労働省認可麻酔科標榜医
消化器外科
外山 和隆 医員 2004 日本外科学会外科専門医 消化器外科
冨岡 百合子 医員 2006   消化器外科
今井 稔 後期研修医 2010    
石田 ゆみ 後期研修医 2011    

プログラム責任者 硲野孝治
募集人数 2名

外科系ストレート