医学生のみなさん

医学生のみなさん


耳原総合病院は1950年に堺市耳原町にできたのがはじまりです。戦後、貧しさゆえに病気の時も医師にかかることのできなかった時代、同地域の住民が「自分たちをみる医師が欲しい」と いう要求から運動がはじまり、耳原実費診療所を設立しました。

耳原総合病院は医学生のみなさんを応援します。

耳原総合病院(臨床研修基幹型病院)および大阪民主医療機関連合会(大阪民医連)の各院所は、医学生のみなさんを様々な形で応援しています。
 経済的な面では、奨学金制度や医学生センターを設けており、定期的に学習できる企画などを実施して、医師を目指すみなさんをサポートしています。 また、勉強の面では、耳原総合病院が加盟する大阪民医連に所属する病院・診療所などの臨床現場をフィールドにして、病院見学の受け入れをおこなっています。

病院見学のご案内
医療の現場を肌身で実感 みみはら病院見学

耳原では臨床研修基幹型病院として、研修医の教育に加えて 医学生の病院見学を積極的に受け入れています。

病棟見学

総合内科を含む内科系病棟はもちろん、小児科や産科などの病棟も見学できます。また、ローテート中の研修医につく事もできますので、医師の病棟での仕事 内容を知ることができます。

外来見学

ER(救急)や一般内科に限らず、整形外科、産婦人科、小児科などの外来も見学することが可能です。医師の仕事姿に加えて、地域の患者さんの訴えからも学 ぶことができます。

オペ病棟

外科、整形外科、産婦人科などのオペを見学することが可能です。研修医が各科をローテートし、オペに立ち会っている場合もあるので、どのように指導され ているかも見学してください。

自分でカスタマイズできる実習

耳原の病院実習は医学生の方のご要望をもとに、当日の実習プログラムを作成しています。実習申し込みの際は担当者まで、貴方の「◯◯がしたい」「◯◯を意識してみたい」等のご 要望をお寄せください。担当者が日程も含めて調整し、後日実習プログラムを送付します。

参加申し込み・問い合わせ
耳原総合病院・医学生担当 まで
TEL:072-241-0501(代表)
E-Mail:igakusei-1@mimihara.or.jp
申し込み登録フォームはコチラ
耳原総合病院初期研修
卒後臨床研修について
耳原総合病院は臨床研修基幹型病院として、
毎年卒業年度を迎え、医師となる医学生を
初期研修医として受け入れています。

見て学ぶのではなく、指導医と相談しながら、自身で決める研修?

 耳原の研修では、研修医が自分で検査・治療方針を指導医にコンサルトして最終決定する「主治医制度」を採用しています。
見て学ぶのではなく、実際に方針決定を担う中で、主体性、やりがいが生まれ、自然と医師としての自覚や診断技術が身に付きます。

初期研修は医師となる基礎をつくる期間

耳原では、初期研修期間は医師としての基礎をつくる期間と考えています。そのため、オリエンテーション後の1年目は総合診療内科から一斉にスタートします。
そこで考え方や病棟での仕事の仕方、他職種との関わり方、電子カルテの操作の方法などの働き方の基礎的な部分を身につけてからそれぞれのローテートを開始します。最初に一緒に研 修を行う事で、基本を身につけるだけでなく、研修医集団としての横のつながりもできます。

専門科のバックアップで幅広いcommon diseaseを経験

耳原には年間救急搬送だけで約4000台など、数多くの患者さんが来院されます。そのため、簡単なものから珍しいものまで、本当に様々な疾患を経験することになります。 研修中は各科の医師について研修しますが、受け持つ担当患者さんの病態にあわせて、研修科以外の医師にコンサルトすることも可能です。耳原ではひとつの医局に内科や外科を含め、全 科医師がいるので、時間をみつけては、他科の上級医にコンサルトし、指摘やレクチャーなどを受けています。 また横断的なカンファレンスも強みの一つです。

地域の患者さんの訴えから、その背景に潜む問題を考える

「断らない医療」を目指す耳原では、様々な課題を抱えた患者様も多く来院されます。そうした患者さんに対し、我々は単に病気を治す事を目指すのではなく、その後の生活までも しっかり見据えなくてはなりません。研修中は患者さんやご家族の気持ちに寄り添いながら、MSW や他職種と蜜に連携しながら患者さんに向き合い、訴えから、その背景にある問 題を学んでください。