看護部ページトップ > 働く環境・研修


働く環境
WORK ENVIRONMENT

看護部部門研修

大阪民医連

同じ民医連として自分の病院を超えて学習、交流を持つ
2回/年 企画(宿泊企画もあり)

同仁会(法人)

同じ法人として学習、交流を持つ 
職種を超えて同期を意識している
2回/年 (4月4日間  9月宿泊)


総合病院 看護部

部署内 新人学習(OJT)

4月・・・・ 看護倫理、接遇、感染、安全、看護記録、
トランスファーなど、技術も交えて中心4日
※これらの研修が終了して、現場に着地
10月・・・・ 医療安全 感染対策 リフレッシュ研修
5月・・・・ 採血注射トレーニング 11月・・・・ 看護記録
6月・・・・ 救命救急処置 12月・・・・ 社会資源
7月・・・・ 人工呼吸器
※現場師長とプリセプターで3か月間の振り返りを行います。
  1月・・・・ 認知症ケア
8月・・・・ 地域訪問   3月・・・・ 振り返り
9月・・・・ 褥瘡のケア ※6か月の振り返り

4回/年  医療安全、感染、接遇、症例検討


4回/年  医療安全、感染、接遇、3年間の自分の看護の振り返りと後輩指導


中堅研修

大阪民医連
4回/年 医療安全、感染、接遇、3年間の自分の看護の振り返りと後輩指導

総合病院看護部
5回/年 中堅としての役割を明確にする指導

同仁会(法人)

同じ法人として学習、交流を持つ
職種を超えて同期を意識している
2回/年 (4月4日間 9月宿泊)



助産師部門研修

私たちは、新しい生命の誕生を喜び、その生命が健やかに育つことを願っています。
自然分娩を中心に、より安全で安心なお産に取り組んでいます。
また、家族の絆を大切にした立ち会い分娩も実施しています。

助産師卒後1年目研修プログラム

4月・・・・・・・・・・・ 助手業務、物品の取り扱い、処置について
5月・・・・・・・・・・・ 新人学習会、婦人科・産科リーダー見習いの開始、先輩と一緒に帝王切開見学 *1ヶ月の振り返り
6月・・・・・・・・・・・ 両親学級の見学、沐浴実施、指導の実施、先輩と一緒に分娩介助
7月・・・・・・・・・・・ 新生児BLS演習、乳房ケアの学習会、産科部屋担当の開始
9月・・・・・・・・・・・ *3ヶ月振り返り
両親学級の担当、分娩10例の振り返り、帝王切開
11月~12月・・・・ ベビーキャッチ*6か月振り返り
分娩介助、リーダー業務、助産師外来の見学



民医連いのちの平等をかかげて62年。差額ベッド代を徴収しない、無差別・平等の医療と福祉を目指す全国組織です。


病院見学・資料請求はこちら