社会医療法人 同仁会 耳原総合病院

文字サイズ

標準

大きく

072-241-0501(代)

社会医療法人 同仁会

診療科・部門栄養管理科

栄養管理科

栄養管理科の役割(使命)は、給食管理(食事提供)、臨床栄養管理(病気)、予防管理の3つに大別されます。

入院中の臨床栄養管理

多職種による栄養サポートチームでの回診をはじめ、毎日集中治療室カンファレンスに参加し早期栄養介入管理の実施や周術期の栄養管理、退院に向けた栄養食事指導やかかりつけ医への情報提供を行っています。

当院は育成に力を入れているため、教育認定施設の認可を受け、在籍管理栄養士全てにNST加算算定の資格者として育成しています。このような背景のもとで2022年度診療報酬(周術期栄養管理実施加算の新設・早期栄養介入管理の拡大)の改定にも即時対応が可能となりました。

外来の臨床栄養管理

周術期の栄養管理については手術が決まった段階で栄養介入を開始しています。入院前よりリスクの高い方へ栄養面からサポートを行います。

また外来透析の方への栄養介入も行っています。

 

給食管理

調理部門では成分別栄養管理により当院調理師が治療食を当日調理・提供するクックサーブを採用し、食事を治療の一環としてとらえ 栄養状態の改善にも取り組んでいます。

 

予防管理

栄養面から患者さんの治療に寄与するとともに 地域の方へ食育の推進を行っています。

国が目標とする健康寿命を延ばすため、疾患予防から栄養ケアまでトータルサポートを実践しています。

以上のように当院栄養管理科の強みを生かしつつ初めに掲げた疾患予防から栄養ケアまで地域に寄り添ったサポートを継続していきたいと考えています。

 

安全・安心で美味しい治療食ーすべて自院で職員が調理

当院では安全・安心で美味しい治療食の提供を直営で取り組んでいます。

機内食のようなクックチル方式で給食を出す病院が増えている中、当院では国産の野菜や肉を使い、料理したものをすぐに提供するクックサーブ方式でおいしい病院給食を追求しています。

病院給食は提供するすべての食事において治療食の位置づけを持っています。

1日約800食、外来透析1日約50食を手作りで提供しています。

病状の改善・治癒に向けての治療食、療養における規範としての治療食、予防も含めた基本的な食事を提供する治療食とさまざまな位置づけと役割があります。しかし入院される患者さまは、食欲や嗜好が健康時(日常)の状況と異なり、病気や環境から来る食べにくさや、家庭との味付けや食習慣の違いから喫食状況に大きな差異が生じます。
そのため給食部門ではできるだけ一人ひとりの患者さまに対応した食事作りに取り組み、常に80種を超える食事内容の提供となっています。 また、患者給食の食事変更は1日に延べ100件を超える食数になります。食種の変更や緊急入院などで食数や食種変更には迅速な対応が必要であり、極力応えていく体制をとっています。

 

実際の「嚥下食」を職員も試食ー 医師、歯科医師、看護師、リハビリスタッフらが参加しました

 

季節を味わっていただきたくてー ”行事食” を10回/年以上

〇10回/年、このような季節を味わうお食事を提供しています
〇回復期リハ病棟(10F)や小児科病棟(9F)では、イベント(行事)に合わせたお料理も
子どもたちや入院患者さん、ご家族に大好評ー喜ばれているお姿は、スタッフみなのやりがいにつながっています

★こだわり特製ゼリー:
・「赤」いちご/「緑」小松菜やブロッコリー/星形はかぼちゃです

 

 

 

手作りで安心・安全な給食を提供~病棟から在宅まで訪問指導

当院栄養科では病院給食1日約800食、全て手作りで安心・安全な給食を提供しています。
食養科では、入院患者さまのベッドサイドまで訪問し、患者さまの食事に対するご要望をお伺いしています。「ごはんをやわらかく」「パンがいい」など、可能なかぎり対応し、病院給食を少しでも食べやすく、全量摂取いただけるお手伝いをしています。

病院給食の提供にとどまらず、「医療スタッフ」の一員として患者さま・利用者さまの身近によりそい、多方面にわたりサポートできるとりくみを行っていきたいと考えています
また、地域開業医の先生方のもとに通院されている患者さまの栄養指導もお受けしています。
(下記の流れをご覧ください)

管理栄養士は、型にはまった一方的な指導ではなく、ご家庭の生活環境や食習慣に基づいて患者さまに「やる気」を出していただけるよう、心がけています。

がん予防および治療後の再発予防のための食事について

がん治療後の再発予防のためには、日頃の食生活が大きく関わっていることが分かっています。これまでの研究で、野菜、根菜類、海藻、果物(食物繊維)の不足、肉の過剰摂取、加工肉の摂取が大腸がん、肝がんの原因になることが明らかとなりました。がん治療後の食生活の改善は生存率の改善に有効であるという報告も多くされています。
そこで当院栄養管理科は医師と協力し、「大腸がん、肝がん再発予防のための食事」のパンフレットを作成しました。
患者さんとご家族の方に少しでもお役に立てれば幸いです。

当院で使用している指導用パンフレットに興味のある方は下記よりダウンロードいただき、ご使用ください。

大腸がん予防のための食事  ⇒ こちら

肝がん予防のための食事  ⇒ こちら

 

栄養指導までの流れ

開業医の先生を通して
耳原総合病院地域連携室へお問い合わせ

総合内科診療のご予約・栄養指導のご予約をお取りください

当日、総合内科を受診いただき、栄養指導

栄養指導は月曜日から日曜日まで
午前・午後(土・日は午前のみ)
予約制でお受けしています。
指導内容に則した具体的な資料を使用し、お持ち帰りいただいています。

お問い合わせ

耳原総合病院
サポートセンター地域連携室
〒590-8505 大阪府堺市堺区協和町4丁465
TEL:072-241-0324

 

職員の人数                2022年10月現在

  • 管理栄養士    10人
  • 栄養士      1人
  • 常勤調理師    15人
  • 非常勤調理師   3人
  • 非常勤調理員   12人

 

資格                    2022年10月現在

  • 病態栄養専門管理栄養士(日本病態栄養学会) 3名
  • NSTコーディネーター (日本病態栄養学会) 1名 
  • NST研修終了者  (日本病態栄養学会)  8名
  • 栄養サポートチーム専門療法士(日本臨床栄養代謝学会) 1名
  • がん病態栄養専門管理栄養士(日本病態栄養学会)  1名
  • 日本糖尿病療養指導士 (日本糖尿病療養指導士認定機構)  1名
  • 栄養経営士(日本栄養経営実践協会) 1名
  • 介護支援専門員  1名

 

業務実績 2021年度 NEW

  • NST介入件数   3300件/年
  • 外来栄養指導件数   3033件/年
  • 入院栄養指導件数   2921件/年
  • 栄養情報提供書  780件/年
  • 早期栄養介入管理加算  390件/年
  • 訪問栄養指導  10件/月

 

 

食料別給食数

2021年度 4月 5月 6月 7月 8月 9月  
常食 1,614 1,435 1,332 1,386 1,312 1,288  
流動食 197 161 234 143 356 276  
特別食 24,413 24,186 23,495 23,647 24,361 22,464  
26,224 25,782 25,061 25,176 26,029 24,028  
前年数 25,182 26,501 25,950 28,181 28,179 26,553  
前年比 104% 97% 97% 89% 92% 90%  
2020年度 10月 11月 12月 1月 2月 3月
常食 1,415 1,263 1,270 1,117 903 1,231 15,566
流動食 193 119 119 203 80 76 2,157
特別食 24,159 23,821 24,084 24,536 21,735 25,457 286,358
25,767 25,203 25,473 25,856 22,718 26,764 304,081
前年数 27,001 25,000 26,994 26,747 24,105 26,898 317,291
前年比 95% 101% 94% 97% 94% 100% 96%

給食数

  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
常食 18,225 18,119 16,057 15,519 15,566
流動食 1,754 1,873 2,186 2,441 2,157
特別食 293,213 303,363 297,967 299,331 286,358
合計 313,192 323,355 316,210 317,291 304,081

喫食アンケート

食事アンケート ― 年 1 回実施
喫食調査 ― 年 1 回実施

栄養指導数

  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
入院 3,609 3,336 2633 3002 2,921
外来 1,111 1,517 1987 1738 3,033
合計 4,719 4,853 4620 4740 5,954
 
 

集団栄養指導件数

  2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度
教育入院 患者数 80 88 98 88 72
脳卒中教室
月1回
回数 1回 20回 13回  
患者数 14 152 71  

※脳卒中教室は2018年3月より再開
※2019年度より栄養教室(心臓病の方中心の教室)月2回開始

栄養管理の機能

指標項目名 項目詳細 分子 分母 2021年度
栄養摂取方法の状況 経口摂取患者割合 断面調査
経口摂取患者数
断面調査
入院患者
84%
経腸栄養患者割合 断面調査
経腸栄養患者数
断面調査
入院患者
5%
喫食率 5割以下率 喫食率が5割以下の患者数 喫食調査対象者数 29%
絶食率→7日以上 7日以上の絶食患者数 喫食調査対象者数 1%

RE