ドクター松葉のぴりからコラム

めまい
耳原高石診療所
所長 松葉 和己


 めまいと一言で言ってもいろんなタイプがあり、原因もさまざまです。めまいの診療で最も大事なことは、問診です。めまいが起こったときの様子を、できるだけ詳しく尋ねます。めまいは大きく三つのタイプに分類できます。
(1)回転性めまい「自分がぐるぐる回る。周りがぐるぐる回る。世界が回る。天井が回る」
(2)浮動性めまい「体がふらふらする。宙に浮いた感じ。足が地につかない。船に揺られた感じ」
(3)失神性めまい「目の前が暗くなる。気を失う感じ。血の気が引く感じ」
 回転性めまいのほとんどは、内耳性めまいと言われる病気です。内耳性めまいには、メニエール病、前庭神経炎、良性発作性頭位変換性めまいなどが含まれます。
いずれも突然起こりただちに症状が完成します。
頭の位置や向きによってめまいが誘発される特徴があります
 内耳性めまいなら、命に別状なく、メイロンという薬の点滴で改善しますが、中に小脳や脳幹の梗塞、脳腫瘍、突発性難聴など、危険な病気の場合がありますので、慎重な対応が必要です。その場合、めまい以外の症状の有無がポイントです。
 浮動性めまいは、ストレス、過労、更年期障害、いわゆる自律神経失調症などによるものがほとんどですが、中に高度の貧血であったりしますので、これも注意が必要です。
 失神性めまいは、立ったときにふっとなるもので、起立性低血圧によるものがほとんどですが、中に心臓の病気による高度の徐脈のこともあります
 めまいは、詳細な問診と神経学的所見を観察することが大切です。




Dr松葉のぴりからコラム