ドクター松葉のぴりからコラム

肺炎ワクチンを受けましょう
耳原高石診療所
所長 松葉 和己


 平成二十六年十月より、国の定期予防接種のメニューが二つ増えました。水痘(水ぼうそう)と肺炎球菌ワクチンの二つです。
 肺炎球菌ワクチンについては、公費で助成される定期接種になりましたが、以下のように対象者が限られています。
(1) 六十五歳になる方。七十歳になる方。七十五歳になる方。以下、五歳きざみで百五歳まで。途中の年齢の方は公費助成にならないので、自費になります。
(2) 六十歳から六十五歳未満であって、心臓・腎臓・呼吸器の機能に、自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する者が、定期予防接種の対象者となっています。
 細菌性肺炎を起こす肺炎球菌には、九十数種類の菌の型があると言われています。ワクチンを受けると、このうちの二十三種類の型に対して免疫を獲得することができます。この二十三種類の型で、成人の肺炎球菌による感染症の八十%以上がカバーできます。
 肺炎球菌による肺炎は、ワクチンによりおおむね予防できるとみてよいでしょう。しかし、肺炎球菌以外の菌やマイコプラズマ、ウイルスなどによる肺炎には効果がありません。肺炎という疾病をこのワクチンで完全に防御できるわけではないのです。
 高齢者では、肺炎で命を失くされる人の割合が非常に高く、脳卒中や骨折で動けなくなると、すぐに肺炎を併発してしまいます。
 十月、十一月は、ちょうどインフルエンザの予防接種の時期でもあります。この機会に六十五歳以上の方は、全員インフルエンザワクチンと肺炎ワクチンの両方を接種していただくことを念願いたします。糖尿病や心臓・腎臓・呼吸器が悪い方は、特にお勧めします。

Dr松葉のぴりからコラム