ドクター松葉のぴりからコラム

長引く咳に注意
耳原高石診療所
所長 松葉 和己


 風邪を引いたあと、しばらく咳が続くことは誰でも経験します。しかし、三週間以上になることはあまりないでしょう。咳が三週間から八週間続くことを「遷延性咳嗽(せんえんせいがいそう)」と言います。さらに八週間以上になると「慢性咳嗽」になります。
 遷延性・慢性咳嗽では、頻度は少ないものの肺癌と肺結核を見逃さないことが最も大切です。この点では、むしろ患者さん側のほうが神経質になっている傾向があります。咳は周囲の者が気づきやすい症状ですので、職場や家庭で「あんた、いやな咳してるで。はよ診てもらい」と言われる。この「いやな咳」という言い方には、肺癌と肺結核が想定されています。
 次に鑑別すべき疾患は、何かの病原体の感染です。中でもマイコプラズマ、百日咳、肺炎クラミジアの三者が重要です。このうちマイコプラズマでは、他の二者と比べ三十八度以上の熱が出ることが特徴です。最近、マイコプラズマの迅速診断キットが開発されていますので、診断に威力を発揮します。
 ところが、実際に長引く咳の原因で最も多いのは、咳喘息(せきぜんそく)です。これは、本当の喘息のように気道過敏性を特徴とします。気道とは、鼻やのど、気管、気管支、末梢の細気管支までの空気の通る道のことで、わずかな空気の変化で気道粘膜が敏感に反応して咳が出る。
 冷たい空気を吸ったときや電話を受けて会話したときに突発的に咳が出る、夜に横になると咳が出てなかなか寝付けない、何度も眼が覚めるといった症状は咳喘息の典型です。咳喘息には口にくわえて吸入する薬が有効です。

Dr松葉のぴりからコラム