ドクター松葉のぴりからコラム

めまいの原因はいろいろ
耳原高石診療所
所長 松葉 和己


 めまいは非常に多い症状です。その原因には、様々な病気、状態があります。
 診断をつけるときに最も重要なのは、問診です。すなわち、いつから起こったのか、どういうときに起こるか、どんなタイプのめまいか、といった自覚症状を丁寧に聞いていきます。
 最も多いめまいの原因は、内耳性めまいです。耳の奥にある内耳には、三半規管や前庭などの精巧な器官があり、そこが故障するとめまいが起こります。
 女子サッカーの澤穂希選手が、内耳性めまいの一種のBPPVという病気になったと言います。これは、耳石という小さな石が、三半規管の底にたまる病気で、頭の位置を変えるとめまいが起こります。
  内耳性以外では、脳腫瘍や小脳梗塞などの脳の中の病気が挙げられます。これは、頭部MRI検査を受ければ、だいたい見つかります。
 その他にも、めまいを起こす病気があります。貧血の症状がめまいとして現れることもあります。一般の会話で「貧血を起こした」と言うとき、立った瞬間にくらっときたという、めまいをさすようです。
  肺気腫や心臓病の人が、脳の酸素不足になって、めまいを起こすこともあります。次の川柳などは、最高傑作でしょう。
〈誕生日ローソク吹いて立ちくらみ〉(全国有料老人ホーム協会・ポプラ社 シルバー川柳より)
 目が回るほど忙しいと言うように、過労や睡眠不足でもめまいが起こります。また、貧血ならぬ「金欠」で栄養不足になっても、めまいは起こるでしょう。
  めまいは、大きな病気が隠れていないかを探ることが大切です。


Dr松葉のぴりからコラム