社会医療法人 同仁会 耳原総合病院

文字サイズ

標準

大きく

072-241-0501(代)

社会医療法人 同仁会

診療科・部門看護部のご紹介

看護部の理念・目標

安全・安心の医療と看護

同仁会では、患者さまの疾患だけをみるのでなく、患者さまをひとりの人間として、社会・生活背景を含めてまるごとみていく看護、患者さまと同じ目線でつらいこともうれしいことも一緒に感じあえる看護をめざし、さまざまな職種と連携しながら、困っている方々の最後のよりどころとなれるよう、「安全・安心・信頼」の看護をめざして日々の業務を行っています。

看護部の理念

私たちは患者さまの願いから出発し、患者さまの立場に立って、患者さまとともに看護をすすめます。
私たちは患者さまの人権を尊重した看護をすすめます。
いつでも、どこでも、だれもが安心できる無差別平等の医療・看護をすすめます。
上記実践のため専門的知識、技術向上に努めます。

看護部の目標

私たち看護師は、療養の主人公である患者さまにとって頼れるパートナーとなれるよう努力します。
友の会会員・患者さまの人権を尊重する思いやりある接遇を心がけます。
よりよいサービスをより早く、しかも安全に患者さまの医療要求にお答えします。
医療を受ける権利を守り、命と暮らしを守る運動をすすめます。

看護部長 ごあいさつ

 皆さまは看護についてどのようにお考えでしょうか。

 私は、人々に幸せを与えるものだと思っています。健康な時も病める時も常に看護は存在し、その時々に対象者に合わせ提供していく、それが看護ではないでしょうか。
耳原総合病院は、創立当初から無差別平等を掲げ、いのちと人権を守る保健.医療.福祉と健康づくりを、地域の人々とともに進めてまいりました。看護部でもその理念のもとで看護を提供しています。いのちは平等です。お金の有る無しで差別があってはいけません。私たちは最後のよりどころとなるように、差額ベッドは徴収せずに、無料定額診療にも取り組んでいます。そして、患者さんから笑顔を引き出せるような看護に努力しています。
 耳原総合病院の看護は、泣き笑い看護と言います。悲しいことも嬉しいことも患者さんと一緒に、泣いて笑って一喜一憂する、そんな温もりのある看護がここにはあります。卒業式に出席できなかった患児の卒業式を行い、親子の思いをつなげる取り組みを行ったり、入院中の患者さんの娘さんの結婚式を行ったりと、患者さんの願いや思いに寄り添う看護を提供しています。
 患者さんの生きる意欲を支えるのは看護師の役割です。知識や技術はもちろんのこと、患者さんの心に寄り添え、ありがとうを言っていただけるような看護を目指し努力していきたいと思います。

                               看護部長 今村 千加子

 

新卒・既卒採用のご案内

2017年度新卒採用者は定員となりました。ご応募ありがとうございました。

既卒・助産師 採用はこちらから

 

より詳しい情報はこちら