社会医療法人 同仁会 耳原総合病院

文字サイズ

標準

大きく

072-241-0501(代)

社会医療法人 同仁会

診療科・部門チルドレン&ウィメン・ヘルスケアセンター(産婦人科)

産婦人科

「お産からがん治療まで~女性の一生をトータルサポート」

  • 病棟―外来同フロア
  • 安心・安全なお産

 

【ご利用ください】問診票をダウンロードできます
産科問診票              ○婦人科問診票

new ご出産後の面会について 11月~冬期 面会制限を実施します 

○冬期、感染症流行しやすいシーズンをむかえます。
11月1日より、どなたも赤ちゃんとの面会は「ガラス越し」となります。
ご理解とご協力をお願いします。

お産直後の赤ちゃん、お母さんの免疫力はとても弱く、最近やウイルスに感染しやすい状況にあり、重症にいたる場合も考えられます。
赤ちゃんとお母さんを感染症から守るため、ご理解とご協力をよろしくお願いします。
〇【病室内の面会】赤ちゃんの「お父さん、ご兄弟姉妹、祖父母」
○【デイルームでの面会】上記以外の方  *12歳未満の子どもさんは病棟立ち入りできません
○手洗い、手指消毒をお願いします。
○体調がすぐれない方、大人数、長時間の面会はお控えください。

目次

治療方針

産科病棟は完全個室化、家庭に近いお産をテーマにし、総合病院の安全性に加え、快適なお産を提供します。病棟と外来が同一フロアで近接(6F)、同じスタッフで対応できます。(お産後、都合により個室を準備できない場合があります。ご了承ください。)
手術は約半数が痛みが少なく傷も目立たない腹腔鏡で対応しています。がん疾患はほぼすべて対応しており、緩和ケア病棟もあり終末期までサポートいたします。南大阪では数少ないウーマンズヘルスケア専門医として、女性の一生に寄り添います。

対象疾患

  • 産科合併症全般
  • 悪性腫瘍
    子宮がん・卵巣がん・腹膜がん
    子宮肉腫
  • 子宮筋腫・子宮腺筋症
  • 子宮内膜症
  • 子宮内膜ポリープ・子宮内膜増殖症
  • 卵巣腫瘍
  • 不妊症
  • 感染症
    クラミジア感染症・淋菌感染症
    尖圭コンジローマ
  • 卵巣機能不全
    視床下部性・下垂体性・卵巣性
    多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
    無月経・無排卵性周期症
    早発・早期閉経
  • 内分泌異常症
    高プロラクチン血症
  • ウーマンズヘルスケア
    女性心身症・更年期障害・産後うつ病
    月経困難症・月経前緊張症
    骨粗鬆症

 

検査・治療

腹腔鏡下手術(子宮全摘術、筋腫核手術、付属器摘出術、嚢腫切除術など)

子宮鏡下手術(粘膜下筋腫切除術、内膜ポリープ切除術)

尖圭コンジローマ冷凍凝固除去術(外来通院で治癒します)

骨盤位・外回転術(骨盤位による選択的帝王切開術を回避できます)

骨盤位・経腟分娩術(経産婦さんの骨盤位を経腟分娩します)

  1. 安全性の向上
    • 婦人科医師の技術向上努力
    • 常勤麻酔科医師の確保
    • 深部静脈血栓症対策
    • 術創・感染対策(特殊ボンド使用により、術創の感染が減少します。また、平均術後3日目にはシャワーも可能になります)
  2. 納得のいく説明
    • すべての医療行為において、納得のいく説明を心がけていますが、中でも手術に関してはより時間をかけるよう努力します。
  3. 美容面の配慮
    • 可能な限り腹腔鏡下手術・子宮鏡下手術を行い、術創を小さくするようにします。
    • 腹腔鏡下手術・子宮鏡下手術ができない場合も、可能な限り術創を小さく努力していきます。
    • 術創の縫合は、埋没縫合と真皮縫合を基本としています。
  4. 疼痛管理
    • 疼痛管理は、早期に体を動かすことを可能にし、血行を促進します。深部静脈血栓症予防と治療を促進します。
    • 麻酔科による硬膜外麻酔管理
    • 他の鎮痛剤も適宜使用します。

 

病棟案内

スタッフ紹介

氏名
部長 坂本 能基
主な専門領域 産婦人科学・心身医学・東洋医学(漢方)
腹腔鏡下手術
がん治療
主な認定資格 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本産科婦人科内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
日本女性医学学会 認定女性ヘルスケア専門医
日本東洋医学会 漢方専門医
母体保健法指定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
臨床研修指導医
緩和ケア研修会修了
所属学会 日本産科婦人科学会
日本女性医学学会
日本東洋医学会
日本産科婦人科内視鏡学会
氏名 内田 学 部長(産婦人科)
主な専門領域 腹腔鏡下手術・麻酔・婦人科腫瘍・産科
主な認定資格

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医
母体保健法指定医
日本乳がん検診精度管理中央機構 マンモグラフィ読影認定医
産業医
麻酔科標榜医
検診マンモグラフィ読影医師
堺市身体障害者福祉法指定医師(小腸機能障害)
              (膀胱又は直腸機能障害)
臨床研修指導医
緩和ケア研修会修了

所属学会 日本内視鏡外科学会
日本産婦人科医会 
日本産婦人科乳腺医学会
氏名 松岡 智史 医長
主な専門領域 婦人科腫瘍 腹腔鏡下手術
主な認定資格

日本産婦人科学会 産婦人科専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
日本産科婦人科内視鏡学会 技術認定医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法専門コース修了
緩和ケア研修会修了

主な所属学会

日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本産科婦人科内視鏡学会
日本内視鏡外科学会

氏名 嶋田 真弓
主な認定資格

日本産科婦人科学会 専門医
母体保護法指定医
ICPRインストラクター

主な所属学会

日本産科婦人科学会

氏名 髙木 力
主な認定資格 緩和ケア研修会修了
所属学会 日本産科婦人科学会
大阪産婦人科医会
氏名 三武 普
主な認定資格 日本産科婦人科学会 専門医
J-CIMELS インストラクターコース終了
ALSO インストラクターコースキャンディデイト
日本周産期・新生児医学会 新生児蘇生法「専門」コース修了
緩和ケア研修会修了
所属学会 日本産科婦人科学会
大阪産婦人科医会
氏名 後藤 剛 後期研修医
所属学会

日本産科婦人科学会
緩和ケア研修会修了

氏名 小川 萌 後期研修医
所属学会

日本産科婦人科学会
緩和ケア研修会修了

診療・手術実績

耳原総合病院 産婦人科 2018年手術統計 NEW

手術内訳
腹式 206
膣式 105
腹腔鏡 116
子宮鏡 15
開腹への移行 2
産科実績
経腟分娩 650
帝王切開術 予定 69
緊急 49
不妊手術 14
異所性妊娠手術 4
婦人科手術実績
臓器・部位 術名 2018年度
子宮 帝王切開術 106
シロッカー氏頚管縫縮術 1
マクドナルド氏頚管縫縮術 2
産後出血・子宮動脈塞栓術 0
産後出血・子宮体部縫縮内腔圧迫術 0
子宮内反症・子宮整復術 1
子宮破裂・子宮壁修復術 0
単純子宮全摘術 98
準広汎子宮全摘術 2
広汎子宮全摘術 3
膣上部子宮全摘術 0
筋腫核出術 14
子宮筋腫・子宮動脈塞栓術 0
腺筋症切除術 0
子宮筋層内内膜症嚢胞切除術 0
帝王切開瘢痕部切除術 0
子宮筋層内妊娠・胎嚢除去術 0
円錐切除術 16
子宮頚部腫瘍切除術 1
頚管ポリープ切除術 2
疣贅切除術 1
内膜掻爬術 1
有茎性粘膜下筋腫切除術 0
内膜ポリープ切除術 11
子宮中隔切除術 0
子宮内腔癒着剥離術 0
子宮内容除去術 0
人工妊娠中絶 0
胎児縮小術 0
卵巣 卵巣嚢腫・嚢胞切除術 34
卵巣切除術 135
卵巣部分切除術 1
卵巣子宮内膜症・焼灼術 0
卵巣妊娠・胎嚢除去術 0
多孔術 3
傍卵巣嚢腫切除術 2
卵管 卵管切除術 235
卵管線状切開術 0
卵管妊娠・胎嚢除去術 0
卵管采周囲癒着剥離術 2
不妊手術・卵管焼灼術 22
不妊手術・卵管結紮術 6
腟前壁形成術 5
腟後壁形成術 5
腟閉鎖術 0
腟壁裂傷縫合術 1
腟壁嚢腫・嚢胞切除術 1
腟壁筋腫核出術 0
腟壁疣贅切除術 0
腟壁腫瘍切除術 1
外陰部 造袋術 0
外陰部嚢腫・嚢胞切除術 2
外陰部膿瘍切除術 1
外陰部疣贅切除術 0
会陰裂傷縫合術 0
腹腔内 癒着剥離術 25
腹膜子宮内膜症・除去術 0
腹膜子宮内膜症・焼灼術 0
腹膜妊娠・胎嚢除去術 0
腹膜腫瘍切除術 0
腹膜膿瘍切除術 0
大網切除術 3
大網部分切除術 4
リンパ節 骨盤リンパ節郭清術 15
大動脈リンパ節郭清術 1
 

耳原総合病院 産婦人科 2017年手術統計 

※()内は、腹腔鏡下・腹腔鏡補助下・件数

臓器・部位 術名 件数
子宮 子宮全摘術
筋腫核出術
円錐切除術
76(34)
19 (17)
16
右側 附属器摘出術
卵管摘出術
卵巣多孔術
66 (37)
1
5
左側

附属器摘出術
卵巣摘出術
卵巣多孔術
卵管切除術
卵巣脳腫切除術
卵管不妊手術

45(32)
1
5
74
14(13)
20

その他

前膣壁形成術
後膣壁形成術
前後膣壁形成術
バルトリン腺嚢胞造袋術
大網切除術

1
2
4
1
5

産科手術

帝王切開術
シロッカー頚管縫縮術

133
5
手術経路

腹腔鏡下
子宮鏡下
腹式
膣式

109
15
273
75

 耳原総合病院産婦人科 2016年手術統計

耳原総合病院産婦人科 2015年手術統計

耳原総合病院産婦人科 2014年手術統計

耳原総合病院産婦人科 2013年手術統計

分娩実績

  2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度 2017
年度
経腟分娩 262 274 277 277 447 510 582
帝王切開数 予定 36 40 28 42 51 66 70
緊急 26 26 30 25 50 39 61
324 340 335 344 548 615 713

妊婦健診・分娩費用

妊婦健診・分娩

妊婦健診 健診回数は14回前後です 約 93,000円(総額)
*1)妊婦健診受診券(堺市 89,600円 )を利用した場合の平均負担費用総額3,400円
*1)大阪府にお住まいの方は、妊婦健診受診券をご利用いただけます。(市町村によって受診券の金額は異なります) 
 他府県の方は、お住まいの市町村へお問い合わせください。
分娩保証金 妊娠20週頃に納めていただいています 30,000円
*退院時に精算いたします。
分娩費用

帝王切開の場合、手術料他一部は保険算定になります

440,000円
*分娩費用は目安の金額になり個人ごとに異なります。
*休日、深夜に出産の場合でも、割増し料金はいただいておりません。
*分娩費用には、産科医療補償制度の掛金30,000円が含まれています。
*個室料金・差額ベッド料金はいただいておりません

分娩費用改訂のおしらせ  平成30年4月1日以降の分娩予定の方

*改定後費用:¥440,000
分娩費用に関する詳細と分娩費用以外に必要な費用につきましては、医事課担当者までご確認をお願いします。皆様のご理解を賜りますようお願い申し上げます。 

*お問い合わせ:医事課担当者
電話番号:072-241-0501(代表) 平日10:00-16:00 
                               平成29年10月 病院長 

その他

卵管結紮術 普通分娩後 65,000円
帝王切開術後 30,000円
*卵子が卵管を通過しないよう糸で縛る避妊手術です。
IUD(避妊リング)挿入 2年(銅付加型) 20,000円(税別)
5年(銅付加型) 30,000円(税別)
5年(ホルモン付加型) 70,000円(税別)
IUD(避妊リング)抜去 10,000円(税別)
*子宮内避妊用具です。年数は装着期間です。
不妊治療(AIH) 1回につき 3,500円

産科医療補償制度

産科医療補償制度とは

分娩に関連して、万が一赤ちゃんに重度脳性麻痺が発症した場合、赤ちゃんとそのご家族に経済的補償を速やかに提供し、また原因分析・再発防止に役立つ情報を提供することなどにより、紛争の防止・早期解決および産科医療の質の向上を図ることを目的としています。妊産婦の皆様が安心して産科医療を受けられるように、病院、医院など分娩を取り扱う機関が加入する制度です。 詳しいご案内は下記をご参照ください。

産科医療補償制度

予約方法

  • 分娩予約は随時受付中です
  • 婦人科【初診】は予約制ではありません。それ以外の診療はすべて完全予約制です。
  • 予約電話  072-241-0501(代表)
  • 初診の方は診察前に問診をとります。
  • 夜診はすべて完全予約制になります。
  • 夜診は内診・採血・諸検査はできません。更年期等の方の投薬と診察のみとなります
  • 緊急時の時間外診療は、医師が常時院内に待機し、当科に通院中の方であれば24時間対応しています。

 

予約について

耳原総合病院 産婦人科 婦人科【初診】は予約制ではありません。
産科、婦人科【再診】【夜診】は、すべて完全予約制です。
ご予約等に関してはお電話でお問い合わせください。

〒590-8505 大阪府堺市堺区協和町4丁465
TEL:072-241-0501


産科 Q&A

  • 妊娠しました。どうやって受診すればよいですか?

→まずはお近くの産婦人科を受診してください。受診された病院から当院の地域連携室にご連絡頂き予約をお取り頂くか、紹介状を持参の上 診察時間内にお越し下さい。 紹介状がない場合でも診察は可能ですが、予約のある方や紹介状のある方が優先となりますので 待ち時間が長くなることもご了承下さい。

 

  • 予約すればすぐに診察してもらえますか?

→同じ予約時間に複数の方の予約が入っていますので、来院して頂いた順番での診察になります。また、検査の有無や診察内容によっても順番が前後しますので、ご予約頂いた方でも待ち時間が発生します。

 

  • 待ち時間はどのくらいですか?空いている曜日や時間帯はありますか?

→その時の混み具合や診察の状況によって待ち時間は変化しますので、具体的な時間はお知らせできません。曜日によっての差もあまりありません。

 

  • 医師の指定はできますか?

→医師指定はできません。

 

  • 妊婦健診の費用はどのくらいかかるの?

→妊娠確認~予定日決定までは約16,000円程度必要になります。 12週以降の健診は妊婦健康診査受診票(以下補助券)を使用するので、費用の一部は補助券で賄われます。 補助券で賄えなかった分は自己負担となりますが、健診の費用は検査等の内容によって違いますので 毎回自己負担額は変わります。診察は基本的には自費診療になります。

 

  • 受診の時に何を持って行ったらいいの?

→診察券、保険証、母子手帳、妊婦健康診査受診票は必ずお持ち下さい。内診により出血する可能性もありますのでナプキンやおりものシートをご持参頂くと安心です。

 

  • 健診の時に上の子を連れてきても大丈夫?

→一緒に来て頂いても問題ありませんが、お預かりはできませんのでご了承下さい。 キッズスペース等もございませんが、絵本の設置や待合でのDVD上映など、お子様も退屈せずに 過ごせるよう工夫しています。

 

  • 家族も一緒にエコーを見ることができますか?

→内診室以外はご家族の方も一緒に入って頂けます。スペースの都合上、大人数での来院はご遠慮下さい。 また、希望者にはUSBへの録画も行っておりますのでご自宅でもご覧頂けます。

 

  • 病棟内を見学できますか?

→基本的にはできません。両親学級の際に見学会を行うこともありますが、感染症の流行などにより 実施できない場合もあります。HPにもお写真を掲載していますので、ご参照下さい。

 

  • 気になる症状があるが、受診した方が良いのか分からない

→どんな些細なことでも、気になることがあれば受診しましょう。診察時間内(平日木曜以外の8:30~11:30)にお越し下さい。当院通院中の方で、診察時間外に症状が出現した場合は、お電話にてお問い合わせ下さい。

 

  • 風邪を引いてしまいました

→基本的には内科を受診して下さい。その際は妊娠中であることを必ず伝えて下さい。お腹の張りが強い、膣からの出血がある、胎動が弱い・感じないなどの症状がある方や産科での診察もご希望の場合はお電話でお問い合わせ下さい。

 

  • 妊娠中に他の診療科を受診してもいいの?

→問題ありませんが、必ず現在妊娠中であることを伝えて下さい。

 

【問診票】こちらからダウンロードできます

婦人科 Q&A

  • 婦人科の診察の流れを知りたい

まず問診票をご記入頂き、内容に合わせて内診室 又は 診察室で診察・検査を行います。問診票は当院のHPからも印刷できますので、ご自宅で記入しご持参頂くとよりスムーズです。

 

  • 受診の時に何を持って行ったらいいの?

診察券、保険証、お薬手帳(健診のみの方は不要)は必ずお持ち下さい。内診台に上がる可能性のある方は、内診により出血する可能性もありますのでナプキンやおりものシートをご持参頂くと安心です。脱ぎ着しやすい服装(スカートなど)でお越し頂くと、内診がスムーズです。

 

  • 医師の指定はできますか?

→産科・婦人科共に医師指定はできません。

 

  • 気になる症状があるが、受診した方が良いのか分からない

→どんな些細なことでも、気になることがあれば受診しましょう。診察時間内(平日木曜以外の8:30~11:30)にお越し下さい。

 

  • 市民健診で子宮がん検診を受けるには?

受付でお伝え頂ければ、対象であれば市民健診の用紙をお渡しします。健診のみの場合は健診課にご案内させて頂きます。

 

  • 車いすですが、内診できますか?

→車いすも入ることの出来る広さの内診室もありますので、内診台に座ることの出来る方であれば診察は可能です。内診台に座ることが難しい方については、お電話でご相談下さい。

 

  • 他院 又は 他科 受診時に婦人科の受診を勧められました。どうすればいいですか?

現在通院中の病院から当院の 地域連携室 にご連絡頂き ご予約して頂くか診察時間内に予約なしで受診にお越し下さい。どちらの場合も必ず紹介状をご持参下さい。

 

  • 予約すればすぐに診察してもらえますか?

→同じ予約時間に複数の方の予約が入っていますので、来院して頂いた順番での診察になります。また、検査の有無や診察内容によっても順番が前後しますので、ご予約頂いた方でも待ち時間が発生します。また、検査の有無や診察内容によっても順番が前後しますので、ご予約頂いた方でも待ち時間が発生します。